このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



ジーコ、加地壊され激怒/親善試合

<親善試合:ドイツ2-2日本>◇30日(日本時間31日)◇ドイツ・レバークーゼン

 日本代表のジーコ監督は2-0リードから追い付かれての引き分けにも、手応えを感じた様子だった。試合後の会見で「今の時点で満足している。気持ちが入っていた。本大会への準備として内容にいいものがあった」とコメントした。その一方で、加地が相手の後方からのタックルで右足首を痛めて退場したことに「選手を壊された上に、その選手に2点目を決められた。理不尽で仕方がない」と激怒していた。

[2006年5月31日10時56分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア