このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



日本が豪州に逆転負け/F組

【日本-オーストラリア】3点目を奪われ天を仰ぐ中田(撮影・宇治久裕)
【日本-オーストラリア】3点目を奪われ天を仰ぐ中田(撮影・宇治久裕)

<1次リーグ:オーストラリア3-1日本>◇12日◇F組◇カイザースラウテルン

 ジーコジャパンが最悪のスタートを切った。オーストラリアの猛攻に耐え続けて迎えた前半26分、MF中村俊輔(27=セルティック)が右サイドからゴール中央へ柔らかな浮き球のクロス。相手GKシュワルツァーとFW柳沢、高原が競り合う中、ボールはそのままゴールネットに吸い込まれた。

 高さとパワーあふれるオーストラリアの猛攻を、その後もGK川口、DF宮本らを中心に懸命にしのぎ勝ち点3は目の前…と思われた終盤に落とし穴が。後半39分から立て続けに3点を奪われ、勝ち点3どころか黒星という最悪のスタートとなってしまった。

 日本代表は18日にクロアチア(ニュルンベルク)、22日に連覇を狙うブラジル(ドルトムント)と戦う。

 ジーコ監督の話 1点のリードを守るサッカーでミスをしてはいけなかったが、試合運びにミスがあった。リードしている時の(時間の)使い方ができなかった。残念な結果だが、いい部分もあった。そこを引き出しながら次につなげたい。

[2006年6月13日2時36分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア