このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



テレ朝系クロアチア戦視聴率は52・7%

 W杯日本-クロアチア戦の中継(テレビ朝日系、18日午後9時35分から)の平均視聴率は、関東地区で52・7%、関西地区で48・9%だったことが19日、ビデオリサーチの調査で分かった。

 視聴しやすい日曜夜の時間帯に放送されたことに加え、初戦のオーストラリア戦に敗れたジーコ日本の戦いぶりに注目が集まったため、日本初戦での関東地区49・0%は上回った。しかし、02年のW杯日韓大会の日本-ロシア戦で記録した66・1%、日本-ベルギー戦58・8%などには及ばなかった。同大会の日本-トルコ戦48・5%、日本-チュニジア戦45・5%は超えた。

 瞬間最高視聴率は試合終了直後で、関東68・6%、関西66・3%だった。

 テレビ朝日は民放で唯一のクロアチア戦中継権を獲得した。前日17日午後11時の「SmaSTATION5」からW杯モードに突入、「Sma-」は同局日本代表応援団長の香取慎吾(29)がMCを務め、現地情報を伝えて試合を盛り上げた。18日も午前9時から11時まで「W杯大会ハイライト」、午後7時58分から9時35分まで「W杯デーリーハイライト」を放送し、昼の「サンデープロジェクト」「サンデースクランブル」、夕方の「スーパーJチャンネル」でも直前情報を伝えるなど、クロアチア戦一色の放送体制だった。

[2006年6月19日13時5分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア