このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



日本決勝T見えた?死の組は逃れる

1次リーグの組み合わせ抽選会で、日本がF組に入ったことを示すボード(共同)
 1次リーグの組み合わせ抽選会で、日本がF組に入ったことを示すボード(共同)

 第4ポットの日本は第2ポットのオランダやチェコ、ポルトガル、スウェーデンなど欧州の強豪と同組にならず、決勝トーナメント進出へ期待が高まる結果となった。

 初戦は6月12日のオーストラリア戦で、続いて18日にクロアチアと対戦する。オーストラリアは32年ぶりの出場で、実力は日本と同等かやや劣ると見られる。クロアチアとは98年のフランス大会で対戦して0−1と敗れたが、当時は日本は初出場。クロアチアは同大会で3位に入るなど最も充実していた時期だった。8年たって、力の差は確実に縮まっているはずだ。

 22日にブラジルと対戦するが、今年のコンフェデ杯では2−2で引き分けている。

 日本は初戦のオーストラリア戦できっちりと勝ち点3を奪えば、2大会連続の決勝トーナメント進出は十分に狙える。

[2005年12月10日 21時23分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア