このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



テレビ朝日が日本戦中継を獲得

 来年のW杯ドイツ大会で、民放が地上波で生中継する20試合の割り振りを決める在京各社抽選会が20日開かれ、注目の日本−クロアチア戦(6月18日)はテレビ朝日が引き当てた。

 開幕戦(ドイツ−コスタリカ戦)と、日本が進出する可能性のある決勝トーナメント1回戦はTBS、決勝戦はフジテレビが放送する。

 東京都内で開かれた抽選会には、高視聴率が確実な日本戦を引き当てるために、各社の編成局長が参加する中、テレ朝はくじ運が強いという武居康仁・編成部企画担当副部長を起用。武居副部長は、滝に打たれるなど必勝祈願して抽選に臨んだという。

 1次リーグの日本戦の残り2試合はNHKが地上波で放送する予定。

[2005年12月20日 21時52分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア