このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

開催国ドイツが勝ち点3/A組

<1次リーグ:ドイツ4-2コスタリカ>◇9日◇A組◇ミュンヘン

 開催国のドイツ代表が、初戦を白星で飾った。開始6分にDFラームが先制するも、前半12分に追い付かれる嫌な展開。しかし、9日に28歳の誕生日を迎えたFWクローゼが前半17分、後半16分に連続得点して、チームを波に乗せた。その後も再び1点差に詰め寄られたが、終了3分前にMFフリンクスのミドルシュートで決着をつけた。

 クリンスマン監督は「開幕戦で勝ち点3が取れてうれしい。確かに緊張はあったけど。イエローカードをもらわずに切り抜けたかったし、観客にも喜んでもらいたかった」と話した。マン・オブ・ザ・マッチには、クローゼが選ばれた。故障で欠場したMFバラック主将は、14日のポーランド戦で復帰する見込み。

[2006年6月10日6時15分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア