このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ジダン復活ロスタイム弾/決勝T

スペインを下し、満面の笑みのGKバルテズとMFジダン(右)(ロイター)
スペインを下し、満面の笑みのGKバルテズとMFジダン(右)(ロイター)

<決勝トーナメント1回戦:フランス3-1スペイン>◇27日◇ハノーバー

 全盛時のジダンだった。後半ロスタイム。スペイン陣内で奪ったボールがFWビルトールを経由して左サイドのジダンに出た。ドリブルで持ち上がる。ステップに乱れはない。ペナルティーエリアに侵入すると、華麗なフェイントでDFプジョルをかわし、視線をゴール右サイドに送りながら右足を振りぬいた。シュートはGKカシジャスの逆を突いて左サイドへ。今大会初ゴール。決定的な3点目だった。

 今大会限りで引退する。23日の1次リーグ最終戦トーゴ戦は出場停止。苦しみながら勝利で決勝トーナメント進出を決めてくれたチームメートの気持ちに報いたい。だから、開始から終了のホイッスルまで攻撃に、守備にピッチを動き回った。後半38分には右サイドからのFKをゴール前に送り、MFビエラの決勝ゴールを呼んだ。点が取れず、勝てなかったフランスではない。ジダンの復活とともに98年大会の王者が強さを取り戻した。

[2006年6月28日7時53分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア