このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ドイツが会見クローゼ「最高の状態」

 準々決勝に進んだドイツが28日、ベルリンで記者会見を行い、得点王争いの単独首位に立つFWのクローゼは「私が今、最高の状態にあることを次の試合でも証明する」と自らのゴールでの4強入りを誓った。

 1次リーグから4連勝と波に乗るドイツは、30日午後(日本時間1日未明)の準々決勝でアルゼンチンと対戦。今大会4ゴールの点取り屋は「アルゼンチンは強敵だが、今のわれわれと当たるのは不運」と強気だった。

 今大会は控えGKに回されたカーンも、26日発売の週刊誌でクリンスマン監督を批判した後、初めて公式会見に登場。「試合に出られないストレスを感じているが、たとえ控えでも自分の経験を若い選手に伝えていきたい」と神妙に話した。

[2006年6月28日22時0分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア