このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ベルリンの大画面会場、90万人収容に

 ベルリン市当局は1日、W杯の準決勝、ドイツ-イタリア戦に向け、ファンのために大スクリーンを設置したブランデンブルク門付近の試合中継会場を拡大し、90万人の入場に備えると発表した。

 同会場の収容可能人数は、これまで約75万人だった。6月30日の準々決勝、ドイツ-アルゼンチン戦では、スクリーンで観戦しようと詰め掛けたファンが会場に入りきれず、入場口に列をつくった。

[2006年7月2日2時46分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア