このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

エリクソン監督「申し訳ない」/準々決勝

<準々決勝:ポルトガル0-0(PK3-1)イングランド>◇1日◇ゲルゼンキルヘン

 ポルトガルがPK戦の末にイングランドを下した。イングランドに押し込まれる展開だったが、後半7分にイングランドMFベッカムの負傷交代、同17分には同FWルーニーのラフプレーによる一発退場で、流れを引き寄せた。120分で決着はつかなかったが、20本のシュートを浴びせた。PK戦でもGKリカルドが3本を止めて、劇的な勝利をもたらした。

 イングランドのエリクソン監督は「チーム、ファンに申し訳ない。4年前(W杯)、2年前(欧州選手権)の8強はいいが、今回の8強には満足できない」と声を落とした。

[2006年7月2日4時28分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア