このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

上川氏が3位決定戦で主審、広嶋氏が副審

 国際サッカー連盟(FIFA)は6日、W杯ドイツ大会の3位決定戦ドイツ-ポルトガル(8日、シュツットガルト)の審判員を発表し、日本人審判員の上川徹氏が主審を、広嶋禎数氏が副審を担当することが決まった。日本人の審判員がW杯の1次リーグ以降の試合を受け持つのは今回が初めてとなる。

 両審判員は今大会で金大英副審(韓国)とのトリオで試合を裁き、1次リーグの2試合で好判定を披露していた。

 イタリア-フランスの決勝(9日、ベルリン)はオラシオ・エリソンド(アルゼンチン)審判員が主審を務める。アルゼンチン人が決勝を受け持つのは初めて。

[2006年7月7日2時32分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア