このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

アンリ不発、開始直後の激突痛い?/決勝

【イタリア-フランス】前半1分、頭を強打しピッチを出るアンリ(ロイター)
【イタリア-フランス】前半1分、頭を強打しピッチを出るアンリ(ロイター)

<決勝戦:イタリア1-1(PK5-3)フランス>◇9日◇ベルリン

 フランスFWアンリは得点できず、チームに勝利を呼び込むことができなかった。98年の優勝時には決勝戦で出番がなく、2002年大会では無得点で1次リーグで敗退。今回、念願のW杯決勝での先発出場を果たし、スピードで突破する場面もあったがゴールは割れず、延長前半に右足を痛め、延長後半2分に退いた。

 開始直後のアクシデントが痛かった。前半1分にイタリアDFカンナバロと激突、ピッチに倒れこんだ。脳振とうのような症状だったのか、うつろな表情でいったんピッチから出た。すぐにピッチに戻ったが、肉体だけではなく心理的にも影響があったのかもしれない。大舞台での弱さが指摘されるプレミアリーグの得点王は、汚名を払しょくできないままドイツを去ることになった。

[2006年7月10日6時27分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア