このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

チェコ代表MFポボルスキが代表引退

 チェコ代表のMFカレル・ポボルスキ(34)が代表チームからの引退を明言した。10日、地元テレビ番組で明かしたもので、代表として12年間プレーし、ドイツ大会でW杯初出場を果たし決意を固めた。右サイドのドリブラーとして、96年の欧州選手権準優勝、04年同大会ベスト4進出に貢献した。

 所属するチェスケー・ブジェヨビツェ(チェコ)でのプレーは続ける。

[2006年7月11日11時56分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア