このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

FIFAがマテラッツィも調査へ

 国際サッカー連盟(FIFA)は13日、W杯ドイツ大会決勝でフランスのMFジダンがイタリアのDFマテラッツィに頭突きをして退場処分となった問題で、マテラッツィについても調査を開始したと発表した。

 FIFAは両選手を呼んで20日に規律委員会の聴聞会を開き、同日中に結論を出す方針を示した。

 ジダンは12日にフランスのテレビ放送で、頭突きをしたのは、自分の母親と姉を侮辱されたからだと発言。FIFAは「ジダンの発言を受け、マテラッツィの調査に着手した」との声明を出した。

[2006年7月14日2時31分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア