このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



ジダン獲得へ米クラブが動く

 W杯決勝で頭突きをして退場処分となったフランス代表MFジダンだが、人気に陰りはない。ニューヨークタイムズは、ニューヨーク・レッドブルズがジダン獲得に動いていると報じた。98年W杯当時の代表での相棒MFジョルカエフが所属する同クラブは、今年はじめにブラジル代表FWロナウドを10年、138億円で獲得しようとしたこともある。「新将軍」の獲得に、札束を惜しむつもりはない。

 母国フランスでも、シラク大統領がジダンを擁護する発言をした。独立記念日のインタビューで「あの行為は受け入れられないが、理解はできる。あらゆる点でバランスのとれたジダンのような人間があのようなリアクションをとったのは、何か理由があるはずだ」と英雄の心中をおもんぱかった。

[2006年7月16日8時2分 紙面から]



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア