このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > チーム紹介 > 韓国


ここからページ本文

韓国

アジア地区

6大会連続7度目

監督
ディック・アドフォカート
韓国代表メンバー
位置 No. 名前
GK イ・ウンジェ
20 キム・ヨンデ
21 キム・ヨングァン
DF キム・ヨンチョル
キム・ドンジン
チェ・ジンチョル
キム・ジンギュ
12 イ・ヨンピョ
18 キム・サンシク
22 ソン・ジョングク
23 チョ・ウォンヒ
MF キム・ナミル
パク・チソン
キム・ドゥヒョン
13 イ・ウルヨン
15 ペク・チフン
17 イ・ホ
FW アン・ジョンファン
10 パク・チュヨン
11 ソル・ギヒョン
14 イ・チョンス
16 チョン・ギョンホ
19 チョ・ジェジン
戦力チャート図
戦力チャート図
大陸別予選成績
  年/月/日 スコア 相手 HA
1次7組 2004/02/18 2○0 レバノン
2004/03/31 0△0 モルディブ
2004/06/09 2○0 ベトナム
2004/09/08 2○1 ベトナム
2004/10/13 1△1 レバノン
2004/11/17 2○0 モルディブ
最終A組 2005/02/09 2○0 クウェート
2005/03/25 0●2 サウジアラビア
2005/03/30 2○1 ウズベキスタン
2005/06/03 1△1 ウズベキスタン
2005/06/08 4○0 クウェート
2005/08/17 0●1 サウジアラビア

 韓国は今回の予選で苦戦続きだった。1次予選ではモルディブに引き分け、アウエーのベトナム戦では先制される苦しい展開。1次予選を4勝2分けと、2位のレバノンに1勝差(勝ち点3差)上回って通過。最終予選はW杯4強などの実績を買われてシード国となり、サウジアラビア、ウズベキスタン、クウェートと同組に入った。

 その最終予選はエースFW李東国のゴールなどで初戦のクウェートに2−0で快勝した。しかし、アウエーの第2戦、サウジアラビア戦では経験豊富な柳想鉄をリベロに配置したが、0−2の敗戦を喫し、またも苦戦を強いられた。

 それでも第4、5戦で、新鋭FW朴主永が代表デビュー戦ゴールなどの連続得点で、6大会連続7度目のW杯出場を決めた。

4強再現

 今の韓国の実力からして、W杯ドイツ大会で4強に進出するのは、容易なことではない。それでも、ほとんどの国民は02年日韓大会に続き「再び4強」の夢を見ている。FW李天秀は言う。「まずは決勝トーナメントに進出するのが目標だけれど、そこからは一発勝負だし、どう転ぶか分からない」。ホームの利はあったにせよ、4年前は波に乗って快進撃を続けた。
 前回大会は2勝1分けで1次リーグをトップ通過し、16強ではイタリアに延長ゴールデンゴール勝ち。準々決勝ではスペインをPK戦で破った。準決勝でドイツに0−1で負けたものの、存在感を世界に示した。今回、当時のメンバーからDFの要・洪明甫、MF柳想鉄、エースFW黄善洪らが抜けたが、半分以上のメンバーが健在だ。

洪明甫

 4年前は主将としてチームをけん引したが、今回はコーチとしてW杯舞台に戻る。「アジアのリベロ」の異名を持ち、選手として4大会連続出場した。アドフォカート監督に、契約する前からコーチ就任を要請されるほど、その存在感は国内では絶大。

海外組

 4年前はわずか2人だけだったが、今回は6人。中でもプレミアリーグの名門マンチェスターUのMF朴智星は所属チームでも主軸選手として成長した。他にもMF宋鍾国ら欧州経験者が3人いる。

東洋医学の神秘

 4年前は韓国ニンジン協会から、幻の高麗ニンジンといわれる山参(サンサム)を提供された。今回も、国内製薬会社から山参エキスを提供される予定で「不老長寿」の名薬が手に入る。

レッドデビルス

 赤い服を着て代表を応援する韓国協会公認のサポーター団体。4年前はソウル市内を真っ赤に染めたが、今回は同協会経由で入場券を入手した400人がテントを担いで駆けつける。現地キャンプ場と契約し、格安応援ツアーを組んだ。

(データは2006年5月1日現在)

チームデータ

過去のW杯
初出場
第5回スイス大会(1954年)
出場回数
7回
W杯最高位
ベスト4(2002年)
基本情報
正式名
大韓民国(Republic of Korea)
首都
ソウル
面積
10・0万平方キロ
人口
4819・9万人(2004年)
1人当たりの国民所得
9930ドル(2002年)

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア